逆転裁判6を購入。アッピラッケー。

ポケモンを久々に遊びたくなって3DSを買い直したものの、中古ゲームショップ店で目に付いた逆転裁判6を買ってしまい、ずっと逆転裁判ばかりやってました。DLCの特別編を除くシナリオは全てクリア。ここまでで約30時間。

今作では今まで影も形もなかった後付けの霊媒の国クライン王国が舞台。弁護罪という法律が制定され、犯人の弁護をした者は犯人もろとも同罪(しかもほぼ死刑)になるような歪みに歪んだ国で、文字通り命を賭けた裁判が繰り広げられます。舞台がクライン王国だろうと証人の豹変ぶりは相変わらず予想の斜め上をいきます。そしてさらりと明らかになる既存キャラの過去。

ゲームを一通りクリアして、難易度は比較的高めに感じました。ただし、ゲームオーバーになってもその場でコンティニューできますし、二回連続でミスするとヒントがもらえたりする救済措置もあります。それでも新要素の「霊媒ビジョン(宣託)」が厄介でした。これは死者が死ぬ直前に見た光景を映し出すというもので、見なくてはいけないところが多岐にわたりすぎて面倒でした。矛盾を数分探しても見つけられないようであれば何時間探したところで見つけられるはずもないので、わからなかったらさっさとそこだけ攻略サイトに頼った方がいいです。諦めなさい。

とにかく、いつもの逆転裁判とも言えますし、いつもの逆転裁判とも言えます。逆転裁判を一通り遊んだ人は買って損はないだろうと思います。大逆転裁判はそのうち買おうかと思います。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです