『信長の野望・創造 with パワーアップキット』 やっとシナリオを一つクリア

1489254964.jpg

『信長の野望・創造 with パワーアップキット』のシナリオを一つクリアしました。やはり寝ながら遊べるのは良いですね。いつまでも続けてしまう。

クリアしたのは1534年6月スタートの「信長誕生」。このシナリオでは、主に戦国時代末期に晩年を迎える武将の親が登場します。全っ然わかんねえ。君主(プレイヤー武将)にはスタート時点で領地を取得している全大名のうち1名を選択して始めることができますが、今回は順当に織田信長の父にあたる織田信秀を選択しました。

選択した君主により、発生する史実イベントの展開が微妙に変わります。君主に織田信秀を選択すると、今川義元のお家騒動といった他家のゴタゴタに実は裏で糸を引いてました的な会話イベントが発生します。そしてそのゴタゴタに乗じて城をぶんどる目標なんかも発生します。地方の零細君主ではこういったイベントがあまり発生しないのは少し寂しいところではあります。

img_0212

序盤では領地も配下も数えられるほどのため管理も容易ですが、徐々に領地を増やしていくと当時に配下もどんどん増えていき、かつ複数の戦闘が同時に発生して完全に手がつけられなくなります。そのような場合は、軍団を編成して、領地や兵の管理をAIに一任できます。「西に領土を伸ばしたい、でも東から攻められたら処理が面倒臭いな。あわよくば東にも手を伸ばしたい」なんて時にも領地の東側に軍団を編成しておけば大分楽になります。極端に言えば、本拠地以外の城を全て軍団に編成してしまえば内政も戦闘も全て自動でやってくれます。勝てるかどうかとか楽しいかどうかとかその辺は抜きにして。

1489407469.jpg

今回は難易度を初級にしたので、軍団を四方面に編成して後方支援に徹するだけで楽にクリアできました。それでも何度か城を奪い返されたりはしましたが。信秀が天下を平定してしまったので信長の野望が潰えてしまいました。

次は中級にして遊んでみようと思います。まだ攻撃に転ずるタイミングが掴めないんですよね…

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです