『三國志13WPK』袁紹軍に吸収されるも滅ぶは秒読み

『三國志13WPK』 フリーダム劉備君主と苦労人曹操
特にネタもないので『三國志13 with パワーアップキット』のネタでも投下します。 劉備軍に入った曹操さん。入ってすぐに平原の太...

なんとかSwitch版が出る29日までに中華統一を果たしたいと思い、『三國志13 with パワーアップキット』をダラダラ続けています。何進軍と袁紹軍に囲まれる立地ゆえに、数倍の兵力差で波状攻撃され、あっという間に滅んだ劉備軍。決め手となったのが 味方の 火計。何故敵の大将を全軍でかごめかごめしている最中に火を放った!言え!

ちなみに、袁紹軍に国を滅ぼされて真っ先に寝返ったのがこの人。だからといって特に他に選択肢がある訳でもないので、捕虜全員が袁紹軍に加入します。

立地的にも勢力増強のためにも、今後のことを考えると、北の公孫軍をどうにかしないといけないはずなのですが、その後の袁紹軍はひたすら内政に明け暮れ、全く行動を起こさなくりました。仕方がなく特権を行使して無理矢理北を制圧したものの、南の孫軍が猛烈に力をつけて半分以上の都市を獲得しました。

こちらが現在の勢力図。力を付けつつあった董卓軍は孫軍にズタボロにされました。この流れだと何進軍も孫軍の猛攻に耐えられないでしょう。何軍と孫軍が衝突している間に火事場泥棒をキメて少しでも力をつけるしかない…のだけれども、孟徳さん軍師じゃないから出陣許可持ってないのよね。内政重鎮じゃどうしようもない。

最早どうにもならなそうなので、三国志の世界をエンジョイしようと嫁をいっぱい作ります。突然関羽に呼び出されたと思ったら、娘を紹介されてそのまま結婚したりとか、たまたま何進軍の領地に買い出しに出かけたら出会ってナンパした呂布の娘とか。最初からいた嫁は…もう諦めるしかない。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです