『BlazBlue: Centralfiction』のSteam版がかなり見苦しいことに

『BlazBlue: Centralfiction(BBCF)』のSteam版が配信開始されました。BBCFはアーケード向け2D格ゲー『BlazBlue(BB)』シリーズの4本目のタイトルです。いやあ、初代の頃に比べるとプレイアブルキャラ増えたねえほんと。

BBシリーズは過去作でもまともに移植がなされていて、今回も期待できると思いBBCFを購入しました。が、アーク君、なんだねこれは。キャラクターグラフィックが背景に対して異常に荒い。

文字のフォントも汚い上に歪んでしまっているように見えます(「急に反応が現れた……!?」の辺りが特に)。念のために言っておくと、アンチエイリアスもかかっています。…いるはずです。幸いなことにプレイには支障ありませんが、BBは美麗なグラフィックを売りの一つとして挙げているため、自ら存在意義を消し去っています。

確かにプレイには支障はないし、ストーリーモードのアドベンチャーパートでは一枚絵などが荒くなるようなことはなさそうです。ただ、問題の格ゲーパートでは遊んでいて見苦しく思えます。購入は少し待った方がいいかもしれません。何よりじゃんじゃんセールしてますし。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです