『ARMS』を購入

『ARMS』の先行オンライン体験会に参加
『ARMS』の先行オンライン体験会が開催されているので参加してみました。体験会は時間限定で開催されていて、Nintendo Switch...

『ARMS』が昨日(6/16)に発売されました。先行オンライン体験会のトップ画面とホームアイコンでは両者互角だったはずなのに、製品版になった途端にスプリングマンが一方的に殴られるタイトル絵に。両者の力関係に一体何が。

製品版では当然ランダムマッチのオンラインモードだけでなく、フレンドとの対戦やオフラインの対CPU戦の他ローカルでの多人数プレイ、おすそ分けプレイも可能です。先行オンライン体験会では不可能だったアームの付け替えも可能になっています。ただし持ち込めるアームはキャラごとに三種までで、アームの入手はガチャ(ゲーム内マネー)のみです。

操作は「いいね持ち」によるバーチャロンめいた体感操作の他にもコントローラ操作が用意されているので、出先でも携帯モードで移動中に遊ぶことができます。ただし、いいね持ち以外だと左右アームの個別打ち分けが不可能という制限があります。また、全ての操作モードでキーアサインはできません。これはちょっと面倒。

CPU戦モードは難易度が7段階に分けられているものの、難易度3や4が難易度ノーマルに相当なんてことはなく、デフォルトの設定は1です。しかも難易度1ですらガチャプレイで勝てるような難易度ではなく、2の時点で大雑把なシステムを理解できていないと勝てません。私も計6時間はオンライン体験会で遊んだはずなのですが、難易度3をコンティニューを繰り返してクリアできた程度です。ランクマッチへの参加条件は難易度4のクリアとなっているので、ランクマッチは早速修羅の集まりと化している模様です。超こええ。

先行オンライン体験会で有効とされていたキャラ特有クソムーブ(空中ダッシュからの投げを繰り返すニンジャラ、待ちツインテーラ、ホバーメカニッカ等)には特に弱体化修正されておらず、「そんなワンパターンにも対処できんとは修練が足りん」と言わんばかりにトレーニングモードに各種同じ行動を繰り返すキャラを用意したトレーニング項目が追加されています。しかも具体的にどうやれば対処できると教えてはくれず、手探りで対策を確立していくことになります。スパルタやこのゲーム。

現状でゲーム内マネーの入手が渋くてなかなかアームが揃わないことがちょっと不満なものの、他は楽しめています。オンラインモードもサクッと遊べて某ガンダムのアレゲーのような後腐れはありません(多分)。その辺りの敷居が低くて助かっています。ひとまずはランクマッチモード解放に向けて練習してみます。

2017.6.18 追記
ランクマッチモード解放しました。

(若干ネタバレ含)『ARMS』ランクマッチへ参加可能に
『ARMS』のグランプリモード(CPU戦)の難易度4をクリアし、ランクマッチへの参加が可能になりました。いやあ、本気できつかった。途...
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです