Ankerの『PowerCore Fusion 5000』を購入

Ankerの『PowerCore Fusion 5000』を購入しました。PowerCore Fusion 5000はAC電源プラグを搭載(折り畳み可)した容量5000mAhのモバイルバッテリーです。今から思い直せば、モバイルバッテリーにACプラグを搭載しているモデルなんて誰でも思いつきそうなものですが、今まで存在していなかったところが若干不思議です。出力はUSBプラグが2口で、MicroUSB経由でACプラグを使用せずに充電も可能です。

Amazonのレビューを見ていると「サイズの割に重い」などと書かれていますが、個人的にはむしろサイズの割に軽く感じました。いつも10000mAhとか28000mAhのモデルを触っているからだとは思いますが。

Anker製のモバイルバッテリーで5000mAhしか容量がないのはやや少なめな印象なものの、最悪AC電源さえあれば他の軽量なモバイルバッテリーと併用することでモバイルバッテリーの母艦としての運用も可能ですし、臨機応変に使用できます。モバイルバッテリーとしての仕様は他のAnker製モバイルバッテリーとほぼ変わらないため、「ああいつものAnkerだ」ということで詳細は割愛します。

なお、「PowerCore Fusionに接続した端末の充電を先に行い、完了次第本体の充電を開始する」「端末を充電、接続したままACプラグを抜くと瞬断が発生する」という仕様の都合上、残念ながら無停電電源装置(UPS)としての運用は不可能です。これ、できるようになるといろいろな運用が想定できるようになって便利そうなので次作あたりで対応してくれないかなあ。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです