『スーパーマリオオデッセイ』を購入

『スーパーマリオオデッセイ』が発売されました。勿論予約して購入しました。よくよく考えると、私にとって3Dマリオはほぼ初めて遊ぶことになります。遊んだことがあるのは64を友人から一面程度を遊ばせて貰った程度で、GC以降はSwitchまで任天堂製の据置機を一切買わなかったので縁がありませんでした。

オデッセイでは、例によってクッパに連れ去られたピーチ姫を追いかけて世界中の国を巡ります。ゼルダBotWは異なりオープンワールド(全てのフィールドが一つに繋がっている)ではないという特性を活かし、各国のデザインは都市の国や砂漠の国から料理の国まで、それぞれ全く異なるコンセプトのデザインになっています。各国のクリア条件は基本的に「パワームーンをn個集める」のみで、パワームーンさえ規定数集めてしまえばボスを無視してしまうことも可能です。なお壁は登れません。

今作最大の特徴は、帽子を被っていない敵やNPCに帽子を投げつけることによってそのキャラの意識を乗っ取ることができる「キャプチャー」です。プクプクをキャプチャーすれば水中を息継ぎなしで自由に泳げるようになりますし、パタクリボーをキャプチャーすれば空を飛んで移動することができます。今作ではキャプチャーが必須となる場面が多く、それを利用した謎解き等ゼルダのような要素が多々見受けられます。

個人的に最も好きな部分は、マップ画面がただのマップ兼ワープ先選択画面に留まらず、「旅行」のキーワードを活かして海外渡航者向けのガイドブック風に作ってあるところです。こういった作り込みがたまらない。

フォト機能も実装されていて、時間を止めてカメラの角度や位置を変えたり、フィルターをかけてそれっぽい写真を撮影することもできます。Forzaシリーズの撮影モードをややカジュアルにしたような機能が一通り揃っています。ゼルダBotWのウツシエとは異なり、こちらは本体のスクリーンショット機能を使用します。原付は急に止まれない。

なお、ストーリー(ピーチ姫救出まで)10~15時間もあればクリアできます。クリア後にパワームーンがコログ並みに散らばっていることをさらりと見せつけられることになりますが、それはまた別の話。クリア後もまだまだ何かありそうな雰囲気なのでまだまだ遊べそうです。むしろクリアしてからが本番なのでは。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです