『ロメオ No. 3 ボールペン』を購入

伊東屋のオリジナルブランド「ロメオ」のボールペンを購入しました。ロメオには細軸と太軸がありまして、こちらは細軸のモデルです。このロメオのボールペンは、ボールペンについて調べているとおすすめとして頻出する程度には界隈の方々にポピュラーな存在のようで、私もネットで見ていて興味を持ちました。なんだか洒落ていますし。

ネットで見ていた時にはお洒落だなー程度にしか思っていませんでしたが、実際に店頭で手に持ってみると、なんというか、威圧感がありました。特にマーブルの方。他人にチラつかせるだけで威嚇できそうな力を感じます。

それはともかく、このボールペンは芯の出し方が少し変わっています。ボールペンの頭の部分が時計の竜頭のようになっていて、この部分を捻ることで芯を出し入れします。芯をしまうときはちょっと捻るだけで、バネの力でスパッと中に戻ってくれます。慣れれば片手でも出し入れできます。

それともう一つ。このボールペンは替芯の規格「G2」に準拠しています。このG2は俗にパーカータイプと呼ばれるもので、おそらく世界中のボールペンメーカーの中で最も多く採用されている規格です。ということで、仮に伊東屋がロメオの生産を中止したとしても、どこかしらのG2規格に準拠する替芯を買ってくれば問題なく使えるようになります。

とは言っても、そこは伊東屋ということで、ロメオ向けに非常に良い替芯が用意されています。

替芯の分際で一本600円とぱっと見は高額に見えるものの、G2規格の替芯は全体を通して見ると一本800〜1000円くらいが相場となりますので、この規格としてはむしろ廉価な部類です。この替芯はパイロットのアクロインキや三菱鉛筆のジェットストリームに代表される低粘度の油性インクで、それはもう突っかかりなくスラスラと文字が書けます。書き始めに若干の掠れがみられる(○を半周〜一個書く程度の間)ものの、インクが出始めたら驚くほどに滑ります。アクロインキよりも滑ります。アクロインキもそうですが、一度この低粘度なインクを体感したらもう元には戻れません。恐るべし低粘度インク。

なお、ロメオ用の替芯には黒と青のインクが存在します。私がボールペンを2本買っているのもそのためです。ただ、線の細さは1mmのもののみとなっています。日本的には0.7mmのものが主流のように見えますので、そこら辺が気になる方はご注意ください。私としてはこの太さは許容範囲内です。

ロメオボールペンは店頭だけでなくネットでも購入できます。時間はかかるものの、名入れにも対応しています。とは言え、太軸と細軸の好みは別れるかと思いますし、店頭で買えるのであれば店頭で買うに越したことはありません。

商品一覧
明治37年創業、文房具の銀座・伊東屋の公式オンラインストア。限定モデルの高級筆記具、オリジナル手帳、直輸入のステイショナリーなど、豊富な品揃え。メルシーポイントも利用可能で、店舗と同じギフト包装も無料です!
スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです