『World of Final Fantasy Maxima』を購入。テンポの悪さと寒いダジャレでやる気が削がれる

Nintendo Switch版『World of Final Fantasy Maxima(WoFFM)』を購入しました。WoFFMは過去に発売された『World of Final Fantasy(WoFF)』の機能拡張版です。WoFFMでは、FFシリーズのモンスター(ゲーム内ではミラージュと呼称)を捕獲し、味方にできるなど、どちらかといえばドラゴンクエストモンスターズ的なノリの作品です。

WoFFMはデフォルメされた可愛いキャラクターを売りにしている作品ですが、とにかく非デフォルメ状態の人物のCGがアレです。可愛いという定義から絶妙に外れた何とも言えないこのCGは、何か意図してのことなのでしょうか。

そして寒いダジャレのオンパレード。事あるごとに主人公の口からダジャレが吐き出され、ミラージュのフレーバーテキストもこんな感じのノリです。シナリオを進める毎にやる気が削がれていき、もう遊ばなくなりました。戦闘もやたらと間延びしている印象を受けましたし、単純に面白くなかったです。相変わらずスクエニゲーは定価で買うと痛い目に遭います。

なお、WoFFMを起動中は露骨にSwitch本体の動作が重くなります。スクリーンショットを撮影しようとキャプチャーボタンを押しても2秒後くらいに反応することがよくありますし、何かと読み込みがもたつくようになります。他のゲームでこのようなことは起きないので、単純に最適化が足りないのだと思います。うーんこの。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです