『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial』を購入

WordPressのバージョンが5.0になって、色々投稿画面の勝手が変わって四苦八苦。

それはともかく、『大乱闘スマッシュブラザーズSpecial(スマブラSP)』を購入しました。スマブラSPは大乱闘スマッシュブラザーズシリーズの5作目に当たるオールスター格闘アクションゲームで、これまでに登場したコンパチファイターや、ハードの制約でリストラされていたファイターがすべて登場します。さらに今作で新規に参戦するファイターも含めると、ファイターは総勢74体に登ります。アホだ。しかもここから6体のDLCファイターの追加が決まっています。アホだ。

四人乱闘

スマブラSPのルールは簡単。相手に攻撃を当てて画面の外へ吹っ飛ばす(撃墜)。時間制ルールでは規定時間後に撃墜数と被撃墜数の差が最も大きいプレイヤーが勝利となり、ストック制ルールでは規定ストック数だけ撃墜されたプレイヤーから先に抜けていき、最後に残ったプレイヤーが勝利となります。攻撃を当ててダメージが蓄積すると軽い攻撃でも吹っ飛びやすくなり、撃墜の危険性が増していきます。逆に言えば、撃墜さえされなければいくらダメージを受けても構わないため、如何に相手のフィニッシュムーブ(スマッシュ攻撃等)を避けるかが重要な要素になっています。

私の世代では、64で発売された初代スマブラがドンピシャで、放課後に集まって遊ぶゲームと言えばスマブラか『カスタムロボ』がド定番でした。初代スマブラは何かと大味で、パーティーゲームの色が非常に強かったのですが、新作が出る度にパーティーゲームでありながら競技性の高いゲームとしてブラッシュアップされています。

私の現在のファイター選択画面はこんな感じ。あと23体…。

今作では、最初から選べるファイターは64版の初期ファイター8体のみで、残りは全て隠し扱いとなっています。とりあえずは遊んでいるうちに解禁されていく(特定条件を満たすor対戦数)ため、特段高難度なスキルが要求される訳ではありません。それでも人数がひたすらに多く、なかなかに大変な作業です。ファイターの数を強調するにしても、対戦ゲームでこれはちょっとやりすぎな気もします。割と真面目に全解禁機能が欲しい。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです