『Nebura Capsule』を購入

壁に投影した時の画像。暗室で光を撮影したため白くなっていますが、実際はもっと綺麗に映ります

Amazonのサイバーマンデーセールで、Ankerの『Nebula Cupsule』を購入しました。Nebula Cupsuleは350ml缶サイズのモバイルプロジェクターです。

Nebula CupsuleはOSにAndroidを搭載し、HDMI経由の投影だけでなく、スタンドアロンで画面を投影する機能が付いています。ただし、GooglePlayには対応しておらず、インストールできるアプリは限定されています。それでもAmazon VideoやNetflixが「インストールできるアプリ」に含まれているため、何か手の込んだ事をしようとしない限りは、バッテリー駆動が可能であることも併せて、電源ケーブルすら不要なスタンドアロンでVoDを楽しめます。

このプロジェクターを購入したのは、Ankerということもあり、比較的機能は保証されているかな、ということと、三脚用のネジ穴が用意されていることでした。三脚を使うことにより、壁だけでなく天井にも投影できるようになります。天井に向かって斜めに投影する場合は、自動台形補正が逆方向に働いてしまうため、手動で調整が必要になります。

画面の拡大・縮小機能が付いていないため、画面の大きさはNebula Cupsuleと投影面の距離に依存するのがちょっと悩みどころ。もう少しだけ小さく表示したいんだけど…。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです