『KOSMOS ink』が届いた

今年の入りにクラウドファンディングでbackして、半ば存在を忘れかけていた『KOSMOS ink』が届きました。KOSMOS inkはstilformの両用式万年筆です。

インクカートリッジとコンバータは所謂欧州規格のサイズに対応しています。ロングサイズにも対応。今回、私はEF(極細)の軸を購入しました。海外製万年筆の例によって、日本製のF(細字)くらいの太さです。ペン先はスチールです。

stilformは過去に『KOSMOS Pen』という名のシリーズで、磁石を使ったボールペンを出しています。

今回のKOSMOS inkでは、磁石でキャップを固定する方式が採用されています。嵌合式のようにカチッとはめる必要もなければ、ねじ式のように手間もかからず、確実に固定できる点を売りにしています。KOSMOS Penではクリップが無くいくらでも転がり続ける問題があったため、inkではやや角ばったデザインになり、転がりが防止されています。LAMYめいたクリップはオプションで付けられます(たぶん購入後の後付は不可)。

肝心の中身ですが、はっきり言って微妙です。インクが本当に出ない。ニブに力を加えないとインクが出ません。持ち方悪いのかと思って色々な角度を試したものの、どうもそういう訳ではないようで。書き味もなかなかガリガリとしています。デザインや質感は好みなのですが、肝心の軸がアレではどうしようもないです。これを買うくらいであれば、1万円程度で買えるプラチナ万年筆製Century(しかも金ペン)をお勧めします。

なお、「KOSMOS ink」で検索すると日本の得体の知れない自称輸入販売サイトが13000円+送料1600円前後の額で販売していますが、Indiegogoだと8000円〜12000円で直輸入できます。どうせ購入者の支払いが済んだ後にIndiegogoで購入手続きを取るのでしょうし、買うならIndiegogoで直接購入することをお勧めします。尤も、万年筆が欲しいのであれば、その額で日本製の質の良い(サポートもしっかりしている)モデルがもっと安く買えてしまう、ということは強調しておきます。

KOSMOS ink - Magnetic Fountain Pen
A minimalist fountain pen with a magnetic self-aligning cap made from titanium or aluminium. | Check out 'KOSMOS ink - Magnetic Fountain Pen' on Indiegogo.

2019.02.26 追記

デザインが好みなのでぼちぼち使用していますが、立てて書くとインクが出やすいようです。気持ちボールペンくらいの立て方位が丁度良さそうです。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです