2019年2月度Humble Monthly Bundleのアーリーアクセスタイトルに『Yakuza 0(龍が如く0)』が含まれる。しかも非おま国

February 2019 Humble Monthly
Get the February 2019 Humble Monthly and more when you subscribe for just per month!

2019年2月のHumble Monthly Bundleのアーリーアクセスタイトルに『Yakuza 0(龍が如く0)』が含まれていました。しかもおま国ではありません。重要なので繰り返しますがおま国ではありません。セガの偉い人が大麻を鼻からキメたのではないでしょうか。

ストアページに「本製品は欧米で発売された「Yakuza 0」の和訳対応版です」とあるので、
厳密にはオリジナル版と違うらしい

個人的に『龍が如く』シリーズは遊んだことがないので、その辺りは割愛します。Windows版の『0』は4K解像度、無制限のフレームレートへの対応が謳われています。

せっかくの機会なので冒頭の3時間ほどを遊びましたが、まー人物のCGがリアルなもので。シリーズの目玉となっている「声を担当する俳優をそのままモデリング」なんかもとんでもないことになっていて、時々見覚えのある顔が出てきます。堂島組の若頭三人衆は笑った。

ストーリーもなかなか面白そうな雰囲気が出ています。舞台はバブル絶頂期ということもあって、ひたすらお金の単位がおかしいことになっています。バッティングセンターに1プレイ50万円だか500万円だかのモードが用意されているのには笑いました。その割にはゲームセンターのゲームが1プレイ100円だったり、妙なところで現実感を醸し出しています。そこら辺のチンピラをシメれば30万くらいは軽くドロップするので実質無料ですね。

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです