『アルメロ(Armello)』を購入。ターンベースの対戦型ボードゲーム

Nintendo Switch版『アルメロ(Armello)』を購入しました。アルメロはターンベースの対戦型ボードゲームです。Steamではアーリーアクセスとして配信が開始され、現在は正式にリリースされています。Switchでも数ヶ月前に配信されたものの、私の観測圏内では遊んだ人を確認できませんでした。まあ、毎週あれだけボンボンとゲームが出るとね…。

アルメロでは、「穢れ」により狂乱した王を中心にゲームが展開します。勝利条件は「王を戦闘で撃破(かつ撃破時にプレイヤーが生存)」「精霊石を四個集め、王から穢れを取り除く」または「王の撃破時に撃破プレイヤーが相打ちになるか、穢れにより王が力尽きた時点で名誉の値が最も大きい」の三つ(厳密には四つ)が用意されていて、これらの内どれか一つを最速で達成したプレイヤーが勝利となります。要は次の王の座を巡る争いです。

戦闘パート。ダイスのジャラジャラ音が結構好き

各プレイヤーはクエストをこなして能力を強化し、アイテムや呪文を準備して王との決戦に臨みます。戦闘は専用のダイスを使用し、出た目によって攻撃力と防御力を決定します。振るダイスの数は「戦闘力」の値で決まります。対戦型の競争ゲームということで、対戦相手を妨害する計略も多数用意されています。アイテム、呪文や計略はカードの形で各プレイヤーに支給されます。手札の枚数は「知恵」の値に、呪文の最大魔力(最大MP)や最大射程は「精神力」の値に依存するなど、選んだプレイヤーキャラやプレイヤーのこなしたクエスト次第で戦法も変わってきます。

名誉リーダーになると王に進言できるようになる

全プレイヤーの行動が終了すると半日だけ時間が進みます。朝になると「名誉」の値が最も多いプレイヤーが名誉リーダーとなり、ランダムに二つ選択される王の宣言を一つ選んで布告できるようになります。王の宣言はどれも厄介なものが揃っていて、全てが名誉リーダーにとって有利に働くとは限らないのですが、それでもある程度コントロールできるようになるのは明確な強みです。王は穢れによって毎朝の開始時に1のダメージを受けることと併せて、対戦相手を王宮から遠ざけつつ、名誉を失わないように立ち回り王の自然死を狙うのが名誉リーダーの勝利方法です。めっちゃ狡猾。

(少なくとも)シングルプレイでは1セッションに1時間かからないライトさや、例によって気軽にスリープできるSwitchとの相性も光り、スルーするには勿体無いかなという感じでした。ただし字幕が一部小さすぎたりするなど、Switchへの最適化があまり行われていなさそうなのが少し残念です。iOS/Android版は基本無料ゲームとしてリリースされているため、気になった方はそちらでゲームの流れを掴んでみてもいいかも。

Nintendo Switch|ダウンロード購入|アルメロ
鮮やかに描かれるボードゲーム!
スポンサーリンク

フォローする

スポンサーリンク
Twitchで動画を配信中です
Twitchは現在オフラインです