『GeForce NOW Powered by SoftBank』レビュー。意外と使えそう

『GeForce NOW(GFN)』の日本向けサービス『GeForce NOW Powered by SoftBank』の無料プレサービスが始まっています。私はcβに落選していたものの、プレサービスの招待を受けることができました。

GFNは所謂クラウドゲーミングサービスの一つなのですが、他のサービスのようにプレイ権を購入したり月額を払って対象タイトルのゲームを遊ぶ…のではなく、SteamやEpic Games Store等で購入したゲームのうち対象のタイトルがクラウドゲーミングで遊べるようになるというものです。要するにSteamが動くマシンを貸してくれるだけで、ゲームは別に買ってねというアレ。

そんな感じなので、海外ではサービス開始時の割引価格で5ドルと非常にお安く提供されています。日本だと…VPSの相場からしても三倍増しくらいの月額になりそう月額1980円でした。まあ許容範囲内。Steamのゲームが遊べるということで、Steamクラウドによるセーブデータ共有の恩恵も受けられます。

そんな訳で、試してみました。遅延は有線なら10ms程度となり、60fps換算で1f以内に収まるので遅延は皆無と言って良いでしょう。ただ、これゲーミングマシンなのよね。わざわざクラウドゲーミングで遊ぶ必要もなし、という。

これは朝方の計測結果。
夜だとハイスピードなアクションゲームは無理かな

無線の場合はpingとパケットロス率が結構響いてきます。おそらくは混雑状況に大きく依存すると見られ、朝と夜では大きな違いがありました。こればかりは無料期間が終わって落ち着くまでは判断のしようがない、と言うしかないです。少なくとも朝は快適だったんだ。上限がここまで出るとわかれば十分です。

GPD XD PlusでYakuza 0(龍が如く0)

紹介します。ゲームパッド付きAndroid端末の『GPD XD Plus』ちゃんです。なんかもうGFNの為に生まれてきたような端末です。

GPD XD Plusでいくつかゲームを遊んだ感じでは、まるで実機…とまでは言いませんが、インターネットを介して遊んでいるとは思えないほど遅延が少なく、快適に遊べました。なんかSteamのホームストリーミングより安定してません?

しかし、対応タイトルが地味に少ないのが致命的。対応タイトルのうち、「クラウドゲーミングしなきゃならないほど要求スペックが高く(低かったらローカルでやりゃあ良いし)」「コントローラでほぼ全ての操作ができて」「かつ自分が所持している」タイトルとなると、意外と思いつかないものです。私1500本持ってるのに。

それはともかく、Bethesdaなど大手のパブリッシャが抜けたのがかなり痛い。クラウドゲーミング大好きなスクエニが参加していないのも驚きです。

結論として、ゲーミングマシンを所持していないか、ゲーミングマシンは持ってるけど、椅子に座って遊ぶのが億劫、という人向けのサービスかと思います。ローカルなゲーミングマシンで遊ぶ以上の体験を提供できるかと言われると断じて否ですし、ゲーム映像を含めてネットワークで豪快にやり取りするので家の回線が弱い人も対象外になります。

肝心の月額は…海外版と比較すると4倍と、おま値ここに極まれりのように見えますが、日本って土地の問題からか知りませんけど、VPS等ネットワークでなんやかんやするサービスの相場がクソ高いんですよ。GCPやAWSでも日本は料金が別テーブルであからさまに高額ですし。そんな感じなので、割と妥当な価格設定に見えなくもありません。年額も2万4千円ですし、まともなゲーミングマシンを拵えようとしたら15万くらいかかり、GPUは5年もすれば陳腐化することを考えると、人によってはトントンな気がします。人によっては。

個人的には、とりあえず有料サービス開始後も引き続き加入しようとは思っています。家のゲーミングマシンももうすぐ5年選手になりますし、そろそろ隠居させてやりたいというのが本音。かといって買い直すのもなあという感じなので。

Twitchで配信中です!
Twitchはオフラインです
タイトルとURLをコピーしました