『One Step From Eden』帰ってきたロックマンエグゼ。難易度はかなり高め

『One Step From Eden(OSFE)』が配信されました。OSFEはデッキ構築型のローグライクアクションゲームです。デッキ構築型のローグライクアクションゲーム…と言うと何のこっちゃ、と言う感じですが、一言で表すと、『Slay the Spire』の戦闘部分を『ロックマンエグゼ』にしたようなゲームです。Steam版とNintendo Switchで同時発売され、今回はSwitch版を購入しました。

『ロックマンエグゼ』のシステムをベースにしつつも、モダンなゲーム風にアレンジが入っています。フィールドは3×3から4×4へと変更されました。ゲームを一時停止させたチップ選択は廃止され、テンポが改善。カスタムゲージはマナゲージとなり、チップ改めスペルの消費コストに変化しています。

一方で、難易度はとにかく高いです。回復手段があまりない上に厄介な敵が多く、こちらの火力はあまり上がりません。そのため、バトルだけでなくデッキ構築の重要度が上がっています。これについては難易度低下アップデートが予定されているっぽいです。

全体的に「帰ってきたロックマンエグゼ」という感じで、GBA(とついでにDS)以来のエグゼを心待ちにしている人には刺さるんじゃないかなと思います。露骨にSlay the Spireなゲーム性も相まって、今後のアップデートにも期待したいところです。

One Step From Eden ダウンロード版
任天堂の公式オンラインストア。「One Step From Eden ダウンロード版」の販売ページ。マイニンテンドーストアではNintendo Switch(スイッチ)やゲームソフト、ストア限定、オリジナルの商品を販売しています。
Twitchで配信中です!
Twitchはオフラインです
タイトルとURLをコピーしました