『Realforce R2』を購入。なんかすごいぞ!

ひと足お先に特別定額給付金が支給されました。マイナンバーカードを持っていたので早めに申請ができていました。

もともとこのお金は新しいPCにつぎ込む予定だったはずなんですけども、その新しいPCはローンで買ってしまったので、つぎ込む予定だったお金が宙に浮いてしまいました。いや浮いてないけど。実質悪化してるけど。でも浮いてしまいました。伝われこの気持ち。

そんな感じで、珍しく自由に使えそうなお金が入ってきたので、思い切って普段あまりお金をかけてこなかった(優先度が低かった)部分にお金を使ってみよう、ということで、東プレ製キーボード『Realforce R2-JPV-IV』を購入してしまいました。

Realforceは一般的に採用されているキーボードの種類の中で一番お高い「静電容量無接点方式」を採用しているキーボードです。即ち、価格も高い。おそらくゲーミングの名を冠さないキーボードの中では最高級のうちのひとつでしょう。

今回はその中でも一番安いモデルを購入しました。静音モデルとかキーストロークを変更するAPC対応モデルとか、2つを組み合わせたモデルとか、色々あるんですけれども、個人の部屋で使う代物なので、まあ一番安いモデルで良いんじゃないかなと。

近くで見ると、何やら得体の知れない凄まじい威圧感があります。一見して「いつの時代のキーボード?」感があります。ブラウン管時代に一般的だったキーボードの色合いですよね。でもこれ1万8000円。

キーを打ってみると、通常のメンブレンキーボードとはちょっとだけ押し込んだ時の音が違います。メンブレンが「カチャカチャ」なのに対して、「スコスコ」という感じ。でも少し「カタカタ」という音もします。静音モデルじゃないので、たぶん仕事場で強打するとうざがられる程度の音が出ています。

静電容量無接点方式の特徴として、必ずしもキーを完全に押し込まなくてもキーが入力される、というものがあります。確かに、キーを完全に押し込む必要はありません。ほんの少し押し込むだけでキーが入力されます。これが「フェザータッチ」と呼ばれる所以で、キー入力に伴う負担を減らすことができるとのことですが、私はまだそれに慣れていません。こればかりは店頭で確かめることができないのが残念です。言えば使わせてくれるかな?

とはいっても、しばらくこのキーボードを打っていると「なんかすごい」ということだけは伝わってきます。それが高いものを買ったんだからというバイアスの可能性は否定できませんが、確かにすごい。この記事もRealforceで入力しておりまして、頭の中で文章を考えてから文字を起こすまでの時間が大幅に減っています。今までの1/2から3/4といったところでしょうか。明らかに文字入力に集中できています。

Realforceにはキーロック機能が付いています。専用のアプリケーションをインストールすると、ロック時に入力を無効にするキーを選べます。私は「全角/半角」と「Caps Lock」を無効にしました。「変換」と「無変換」にIMEのオンオフを割り振ると、明らかに不要になるキーなので、これはありがたいです。

…なんだか値段相応にすごいぞー!という感じを上手く伝えられませんでしたが、なんかすごいです。なんかすごい。買ったら人生が変わるとかそういうレベルの代物ではない(個人差があるかもしれません)ので、明らかに買い替えの優先順位としては低めでしょうし、この際だからと給付金のつぎ込み先のひとつとしていかがでしょうか。

Twitchで配信中です!
Twitchはオフラインです
タイトルとURLをコピーしました