リモートプレイ専用機として『Galleria ST 9400F』を購入。スリムPCなのに『NVIDIA GeForce GTX 1060 SUPER』搭載のすごいやつだよ

ドスパラで『Galleria ST 9400F(GST)』を購入しました。GSTはドスパラのゲーミングマシンシリーズ『Galleria』の中では最も小さなモデルとなるスリムタワー型のPCで、CPUにIntelの『Core i5 9400F』を採用しています。また、スリムPCながらGPUにはNVIDIAの『GeForce GTX 1660 SUPER』を採用しており、まあ世の中で出回っているWindows10対応のゲームであれば99%のゲームは動くんじゃないかしら(最高設定で動くかは別として)、といったところです。

さてこのGST、スリムタワー型にしては性能が良い一方で、見るからに無茶してんなといった感じの内部設計をしています。自作PC未経験の私にはケースを開けてパーツを差し替えられる自信がありません。そのため、その手の自信がない方は購入の時点でカスタマイズしてしまうことをおすすめします。私はRAMを8GBから16GBにしつつ、CPUのグリスを一番良いものにするカスタマイズを加えました。今になって思えば、HDDも1TBから4TBにしておけば良かったなあ…と少し後悔しています。

私は既にGTX 1060を搭載したゲーム用マシンを持っていますが、わざわざGSTを購入した理由は「常時起動しっぱなしのゲーミングマシンが欲しい」と思ったからです。Pythonで組んだコードをバッチ処理するだけであれば3万円くらいのマシンで良かったのですが、いつでもどこでも外からでもゲームが遊びたい時に遊びたい。そう思ってゲーミングマシンを買うことにしました。

廊下に雑に設置。縦置き用のスタンドも付属しているので大丈夫なはず

家でどっしりと構えて遊ぶ時は既存のマシンで良い(さほど性能は変わらない)ので、GSTは言わば『Steam Link(SL)』専用機です。SL専用機であれば別に自室に置く必要はありません。いっそ少しでも無線接続クライアントとのPingを減らそうと、廊下に設置してあるWi-Fiルータの真横に設置することにしました。ディスプレイは設置せず、HDMIのダミープラグを利用します。

ゲームのリモートプレイなら、当ブログでも散々触れている『GeForce Now(GFN)』で良いじゃん、と言われそうですが、GFNには次のような問題点があります。

  • 記事執筆時点でiOSに非対応
    • スマホはiOSしか持ってない
  • 対応タイトルが少ない
  • 一部タイトルの日本語が非対応
  • Steam Workshop等MODに非対応

はい。私には上の二つが致命的な問題でした。しかしながら、GFNは事実上の無制限ストレージかつ気楽に遊べる(とりあえずローカルマシンにインストールする前に試せる)点が魅力的です。私にとっては「サブスクリプション契約を打ち切るのは容易だが地味に惜しく、維持費も高い」と言うべき代物で、GSTを購入してもなおキャンセルに踏み切れないでいます。とりあえずは月額半額キャンペーン中は続けようかなあと思っていたりもします。

コマンド選択式RPGであれば多少の遅延も無問題

で、GSTの性能には今の所満足しています。出先で気軽に『TemTem』を起動し、空いた時間にレベル上げができるので助かっています。ただ、『Persona 4 Golden』は起動時にクラッシュし、『Final Fantasy X/X-2 HD』はランチャーからゲーム選択後にゲームが終了してしまう問題が発生しています。解決法は今の所調べても出てきていません。誰か助けて。

2020.7.28 追記
一部のゲームが機能できない問題はいつの間にか解決していました。何故だ。

GALLERIA ST 9400F(ガレリア ST 9400F)8766|ゲーミングPC|パソコン通販のドスパラ【公式】
ゲーミングPC GALLERIA ST 9400F(8766)をお探しならドスパラ通販サイト【公式】におまかせ!豊富なカスタマイズメニューで、自分だけのオリジナルゲーミングPCをスピード出荷いたします!全国各地にショップも展開中です。
タイトルとURLをコピーしました