『デュエル・マスターズ プレイス』タカラトミーらしからぬ完成度のデジタルカードゲーム

『デュエル・マスターズ プレイス(DMP)』が配信開始されています。DMPはタカラトミーがサービスするiOS/Android向けのデジタルカードゲームで、同社製トレーディングカードゲーム『デュエル・マスターズ(DM)』がベースになっています。DMはWizards of the Coast社が開発、タカラトミーが販売しているカードゲームで、同じくWizards of the Coast社の看板タイトル『Magic: The Gathering』をベースに、いくらかライトな感じのアレになっています。

正直なところ、DMPのリリースを知った時は「でもタカラトミーだしなあ…」と思いました。タカラトミーといえばなにかと低品質なゲームを出すことで有名で、DMPもまたロクなもんじゃあないだろうな、と。しかし、どうやらDeNAとの協業のようで、その辺りの品質にはある程度安心して良いだろうなと思ったり思わなかったり。でも信用はしない。

場に出せるクリーチャーは7体までに変更。その調整がないGBA版はごちゃごちゃしていた

実際、タカラトミーらしからぬレベルで先駆者を参考にしたと思われるデザインが目立ちます。よく研究されているようで、操作がややこしくならないようにしつつ、プレイミスが起きにくいように調整されているように見えます。

とはいえ、今のところなんだかんだと通信周りの不具合を内包してしまっているようで、頻繁に緊急メンテナンスが行われています。その度にカードパックを配ってくれるのでありがたい限りではあるんですけど、遊戯王デュエルリンクスと違ってパックがボックス式(引いていれば必ず手に入る)ではないのです。その辺りは残念…というか、そんな沼めいたガチャに金を落としたくないなと思うわけでございまして。今後に期待と言うべきでしょうか。

Twitchで配信中です!
Twitchはオフラインです
タイトルとURLをコピーしました